トラシューするときは show run よりも、状態を見るshow コマンドの出力を使って原因を特定するクセをつける

このツイートに関して、書いていきます。

トラブルの原因を特定した後は、最終的に設定変更が必要になることが多いので、調査のためのアプローチとしては間違いではありません。しかし、show run を中心にトラブルシューティングをしようとすると、時間がかかることが多いと感じます。

“トラシューするときは show run よりも、状態を見るshow コマンドの出力を使って原因を特定するクセをつける” の続きを読む